海外FXレバレッジ.com

ステークホルダー
金融規模の最も大きなFXのマネーが一極集中して猛威を奮う場合がある。ソロスによるイングランド銀行の破綻、アジアからの一斉資金撤退によるアジア危機による各国のデフォルト、ドルペッグ制の崩壊など過去の例は枚挙にいとまがない。

アメリカの経済指標で大きく値を飛ばすことはあってもそれでもステークホルダーの多様性のあるFXではUSD/JPYでは1円程度までというのがここ数年のチャートから伺える。

もしその大きく値を飛ばした際に、逆方向へのステークホルダーが、順方向への判断をしていた場合はどうなってしまうのか…、最も近い実例がかの有名なリーマンショックの際の10円幅の値飛ばし(GBP/JPY)だろう。

レバレッジ規制がない海外FX
oiure日本独自のレバレッジ規制がないXMを代表とする海外FXは、最大1000倍のレバレッジ倍率で資金を効率よく運用できる投資方法です。日本での最大レバレッジ倍率は現在25倍ですので、これは比較にならない高倍率と言えます。

しかし、海外FXを始める際にはいくつか注意すべき点があります。

まず第一に言葉と文化の問題です。日本の場合であれば、最悪の場合サポートセンターに電話することもできますが、国外の証券会社の場合は基本的にその国の言語サポートしか対応していません。また、日本の証券会社が、基本的には顧客の利便性や信用を第一にしており、信用度の低い会社は口コミなどですぐに危険であると判断できますが、海外の場合ではそのような判断をするための情報を得るのが難しいため、信用度の低い危ない証券会社にあたってしまう場合もあります。最近では、日本の顧客向けに日本語のサポートを行っている海外の証券会社も複数あるため、そのような会社を選択すると比較的安全性が高まると考えられます。また、海外の証券会社について解説しているサイトなども多くありますので、悪い評判のあるところは避ける必要があります。

また、高倍率ゆえの損失の問題が挙げられます。海外FXとは一言で言えば「ハイリスク・ハイリターン」。レバレッジ倍率が大きいということは、その分損失が膨らんでしまうことも意味しています。日本でのレバレッジ規制が進んだ背景にはこのような一般投資家の保護という観点もありましたが、海外FXの場合は全てが自己責任です。倍率の高い海外でいきなり挑戦するのではなく、比較的安全な日本で、経験を積み、リスクコントロールについて学んだ後で口座を作るのが良いでしょう。

最後に、忘れがちなポイントとして税金の問題があります。海外口座での取引では日本での税金がかからないという勘違いが横行しています。税金は居住地によって決定されるため、口座の所在地は関係ないのです。海外の口座で得られた利益を日本で確定申告する必要があります。これを怠ると脱税となり、最悪の場合逮捕されてしまう可能性もあります。故意に脱税していなくとも、「忘れていた」「知らなかった」で済まされないのが税金の世界です。この部分は注意すべき点が多くありますので、専門のサイトや書籍などを十分に参照する必要があります。

以上のような点を注意していけば、海外でのFX口座開設は非常に魅力のある投資方法です。あくまでも日本国内の法律・常識が通用しないことを考慮に入れながら、口座の開設、取引を行っていくこと大切であるといえるでしょう。

現在のような、一般家庭内においてもあらゆる形でインターネット回線を扱えるようになった時代においては、ネット上においての様々な証券会社が開設を行っている投資口座が多く存在・展開をしているような状態になっています。


そして、様々な投資商品が扱われているような状態ですが、それまでは主に、株式やFXなどのような、短期間及び短時間単位で相場が変動してそれにより売買を行う商品がメインでした。

しかしそれに代わり、積み立て式の金属商品がそれらの相場が高くなっているという理由で、現在トレンドの投資商品としても注目をされているような感じです。

月々の少額な積み立て額で無理なくその口座の銀行による引き落として貯金を兼ねて利用が出来る点は、基本的に投資信託などと仕組みは同じです。

ただ、扱う現物が金属そのものですので、この点が世界中に存在するあらゆる投資商品を扱う投資家の運用を媒介にした投資信託とは全く異なる点といえます。

そのため、一旦その現物金属の相場が上がると、積み立ての相場もそれに直接比例をして上がりますので、そうした点が中々相場の上がり具合の見どころであるといえるかもしれません。

金属類の中でもとくに、金と銅の需要がだいぶ世界各地で高くなっており、その中でも金はオーストリア、銅は中国でそれぞれの各国を中心として相場の流れがあるような状態になっているようです。

積み立てならば、急激な相場の変動などの心配も無く、そのうえ少額ずつの引き落とし額で元本割れなどがあったといしても大した損失などになりませんので、とても安心をしながら運用をしていける点が安全であり、コツコツ貯める方にとっては大変うってつけといえます。

また、なるだけ大きな相場の変化の上下が望ましいといったような方が扱う場合には、その分だけ積み立ての額を増やしていきながら、そのうえで相場のほんの少しのブレを見ながら、大胆なその場での売買の繰り返しをしなら資産の金額面での収益を増やしていくといったやり方も可能ですので、やはりそうした面でもオススメといえます。

ただ、少額積み立ての利用での場合には、相場の変化での売買などには向かないような傾向がある金属積み立てという商品ですので、やはり、貯金積み立て商品という形で利用をしていくというのが理想かもしれません。

それでも相場が大きく変化をしたりした場合には、かなりなお得である売買を行える可能性を秘めたところがありますので、今後も多くの方に注目をされていく商品である事には間違いがありません。