海外FXレバレッジ.com

ステークホルダー
金融規模の最も大きなFXのマネーが一極集中して猛威を奮う場合がある。ソロスによるイングランド銀行の破綻、アジアからの一斉資金撤退によるアジア危機による各国のデフォルト、ドルペッグ制の崩壊など過去の例は枚挙にいとまがない。

アメリカの経済指標で大きく値を飛ばすことはあってもそれでもステークホルダーの多様性のあるFXではUSD/JPYでは1円程度までというのがここ数年のチャートから伺える。

もしその大きく値を飛ばした際に、逆方向へのステークホルダーが、順方向への判断をしていた場合はどうなってしまうのか…、最も近い実例がかの有名なリーマンショックの際の10円幅の値飛ばし(GBP/JPY)だろう。

まずは知っておきたいレバレッジの仕組み

wrwee FX取引を始めるならまずは特徴的な仕組みを知っておく必要があります。取引を有利にするための仕組みですから覚えておいて損はありません。その一つがレバレッジです。レバレッジを上手に利用することでFX取引のチャンスを大きくすることもできますし、その分の利益獲得も期待できるようになります。

では、そのレバレッジとはどのような仕組みなのでしょうか。まずFXを始めるにあたり、証拠金と呼ばれる投資資金を口座に用意することになります。証拠金を使ってFX取引を行うわけですが、レバレッジを利用することで証拠金よりも大きな投資金額で取引することができるようになります。レバレッジとはそもそも『てこの原理』を意味する言葉であり、元手の証拠金はレバレッジ(てこの原理)をかけることで、数倍の金額にすることができます。このレバレッジの倍率は最大25倍(日本国内)までかけることが可能です。日本では制限されていますが、例えば海外業者のiForexでは400倍までかけることが可能です。高いレバレッジが利用できるのは海外業者ならではの特権とも言えるでしょう。

さて、レバレッジの倍率が高ければ高いほどFX取引において大きくチャンスが広がることになります。元手の証拠金が1万円のみだったとしても、レバレッジを10倍にすれば10万円で取引ができることになります。この時取引に成功すれば獲得できる利益も10倍になります。少額の資金でも大きな利益が見込めるのがレバレッジ最大の魅力であり優れた利点です。しかし、忘れてはならないのが失敗してしまった場合。10倍の損失が出るリスクもあるということです。レバレッジの利用はただハイローのどちらかではなく、極端にどちらにでも振り切れる、いわゆるハイリスク、ハイリターンになるということを頭に入れておきましょう。

FX取引のレバレッジ利用はリスク管理にも重点を置いて考えなくてはなりません。FXの経験があまりない、始めたばかりの初心者という時には適度な倍率で調整しながら、高すぎるレバレッジ利用はしない方が無難です。一攫千金を夢見ていきなり高レバレッジで取引するのはお勧めできません。無駄に損失を出さない、できるだけ長期間かけて堅実に運用していくことを第一の目的として考えることが重要です。またレバレッジは通貨ペアのスワップポイントにも影響します。スワップポイントで利益を獲得したいのであれば、レバレッジは低い倍率に抑えた上でコツコツと利益を積み重ねていくのが得策です。

FXではレバレッジの仕組みがその後の取引内容に大きな影響を与えます。利益や損失を上手に管理し、経験を積みながら利用するようにしましょう。