海外FXレバレッジ.com

ステークホルダー
金融規模の最も大きなFXのマネーが一極集中して猛威を奮う場合がある。ソロスによるイングランド銀行の破綻、アジアからの一斉資金撤退によるアジア危機による各国のデフォルト、ドルペッグ制の崩壊など過去の例は枚挙にいとまがない。

アメリカの経済指標で大きく値を飛ばすことはあってもそれでもステークホルダーの多様性のあるFXではUSD/JPYでは1円程度までというのがここ数年のチャートから伺える。

もしその大きく値を飛ばした際に、逆方向へのステークホルダーが、順方向への判断をしていた場合はどうなってしまうのか…、最も近い実例がかの有名なリーマンショックの際の10円幅の値飛ばし(GBP/JPY)だろう。

国内業者にはないサービスがたくさん

wrwee日本国内にいながら、わざわざ海外のハイローオーストラリアやFX業者を利用する理由はどこにあるのでしょうか。それは一言で言えば、国内業者にはないメリットがたくさんあるからです。その一番象徴的なものは、国内業者にはできないハイレバレッジです。

日本国内でFXを取り扱う業者が提供できるレバレッジは、規制によって最大25倍までになっています。ハイレバレッジによる効率的な資金運用がFXの魅力の1つであるのに、これでは魅力が半減していると言っても過言ではありません。そして海外のFXブローカーはその規制を受けませんので、よりハイレバレッジを用意しています。XM.comでは、最大で888倍もの高レバレッジを利用できます。これは国内業者の25倍のレバレッジの35倍にもなります。つまりXM.comなら、35倍も効率的な資金運用ができるのです。

しかしハイレバレッジ取引で気を付けなくてはならないのは、そのリスク管理です。ハイレバレッジ取引は、効率的な資金運用が可能な反面、その分リスクも高くなります。つまり想定外の損失を被らないために、しっかりとしたリスク管理が必要なのです。

そのリスク管理は、投資家個人がしなければなりませんが、XM.comでは、業者としての対策を施しています。XM.comは、すべてのアカウントタイプにおいて、マージンコールのレベルを50%に設定してあり、ロスカットのレベルは20%になっています。口座は24時間リアルタイムで監視されているので、これらの対策によって証拠金口座がマイナスになることは、まずありません。そして万が一、週末を挟んだ急激な為替変動によって口座の残高がマイナスになっても、追証の入金を求められることはありません。個人投資家にとって、888倍の高レバレッジと追証が発生しないサービスは、最強の組み合わせといえるでしょう。

XM.comで好評なサービスの1つに、充実した入金ボーナスがあります。その内容は、時期によってキャンペーンが設定されるので違ってきます。現在は、新規口座開設後の初回入金に対して、最大500ドルまでの50%ボーナス+最大10,000ドルまでの30%ボーナスが用意されています。500ドルの入金なら750ドルから取引を始めることができ、15,000ドルの入金あら19,700ドルから取引を始めることができるのです。

また初回入金に対するボーナスを用意している業者は少なくありませんが、XM.comでは2回目以降の入金にもボーナスを用意しています。2回目以降の入金では最大10,000ドルまでの30%ボーナスが付きます。

これらの充実した入金ボーナスは、国内業者には真似ができないものと言えるでしょう。