海外FXレバレッジ.com

ステークホルダー
金融規模の最も大きなFXのマネーが一極集中して猛威を奮う場合がある。ソロスによるイングランド銀行の破綻、アジアからの一斉資金撤退によるアジア危機による各国のデフォルト、ドルペッグ制の崩壊など過去の例は枚挙にいとまがない。

アメリカの経済指標で大きく値を飛ばすことはあってもそれでもステークホルダーの多様性のあるFXではUSD/JPYでは1円程度までというのがここ数年のチャートから伺える。

もしその大きく値を飛ばした際に、逆方向へのステークホルダーが、順方向への判断をしていた場合はどうなってしまうのか…、最も近い実例がかの有名なリーマンショックの際の10円幅の値飛ばし(GBP/JPY)だろう。

幅広いモバイル機器に対応!

oiureXM.comは、世界中でサービスを提供しているFX業者です。そのためか、幅広いモバイル機器に対応しているのですが、残念なことに日本のガラパゴスケータイには対応していません。

XM.comには、ウェブトレーダーが整っていますから、ガラケーからWebにアクセスし、ウェブトレーダーを使うことも出来るかとは思いますが、どの程度まで使えるのかはわかりません。iPhoneやiPad、androidなど、現在多く使われているモバイル機器には対応しています。

例えば、iPhoneであれば、MT4をベースにMetaquotes社が構築した専用のアプリが存在します。XM IPHONE TRADERというこのアプリでは、未決済ポジションや口座全体の管理・モニター、成行注文の開閉に指値・逆指値注文の発注と削除といった一通りの取引注文、利用履歴の確認できるアクティビティレポートの作成、アラートメール機能、チャートの作成、テクニカル分析、と豊富な機能を使うことができます。

次にiPad。こちらも、専用のアプリ、XM iPad Traderが用意されています。これを使えばいつでもどこでもMT4口座にアクセスすることができます。また、XM iPad Traderでは、1つのアプリケーションで4つのデスクトップを展開でき、テクニカル分析を行える高度なチャートにアクセスてきます。また、成行注文の開閉に指値・逆指値注文の発注と削除といった一通りの取引注文、未決済ポジションや保有している口座全体の管理も行えます。

そしてandroid向けには、XM Droid Traderというアプリが存在します。

このアプリでは、リアルタイムな情報をズームやスクロールしてみることができるインタラクティブ・チャート、30種類ものテクニカル指標、一体型ユーザーインターフェースによる直接取引を行うことができます。デモ口座が使える24Optionでもモバイルアプリが非常に人気があります。成行注文の開閉、指値・逆指値注文の発注や削除といった一通りの取引注文の操作は当然できますし、取引が可能な金融商品の最新価格をオンラインでチェックすることもできます。

Windows Mobile用にも、専用アプリが用意されています。XM MOBILE TRADERというアプリは、MT4をベースに作られたもので、使いやすいインターフェースが魅力です。

また、取引可能な多様な金融商品の最新価格の表示、成行注文の開閉、指値・逆指値注文の発注、修正、削除といった一通りの取引注文操作、未決済ポジションや口座総額のモニターと管理、チャートの作成、テクニカル分析、アクティビティレポートの作成まで、FX取引に役立つ多様な機能が用意されています。勿論、セキュリティも万全です。