FXの取引経験 XM特徴 | XE Marketsはここが凄い!3段階 | 海外FXレバレッジ.com
海外FXレバレッジ.com

ステークホルダー
金融規模の最も大きなFXのマネーが一極集中して猛威を奮う場合がある。ソロスによるイングランド銀行の破綻、アジアからの一斉資金撤退によるアジア危機による各国のデフォルト、ドルペッグ制の崩壊など過去の例は枚挙にいとまがない。

アメリカの経済指標で大きく値を飛ばすことはあってもそれでもステークホルダーの多様性のあるFXではUSD/JPYでは1円程度までというのがここ数年のチャートから伺える。

もしその大きく値を飛ばした際に、逆方向へのステークホルダーが、順方向への判断をしていた場合はどうなってしまうのか…、最も近い実例がかの有名なリーマンショックの際の10円幅の値飛ばし(GBP/JPY)だろう。

リクオートや注文拒否をなくし、すべての取引注文を100%執行すること
werwerXM.comは、海外のFX業者のなかで人気だったTradingPoint(トレーディング・ポイント)が元になっています。TradingPointは昨年、ブランド名をXEMarkets(XEマーケット)に変え、そして今はXE.comという名前でサービスを提供しています。XE.comが人気な理由のひとつが高レバレッジなこと。なんと最大で888倍です。この他にも、海外FX業者の特徴である、入金の際に貰える高額のボーナスやリクオートのない安定した環境が人気を集め、日本国内でも多くの人に選ばれるようになっています。

XM.comは、FX業者としての土台である、安定して取引を行える環境を整えるよう、努力しているブローカーです。目標は「リクオートや注文拒否をなくし、すべての取引注文を100%執行すること」と掲げ、実際にこれまでの約定実績は99.35%と、素晴らしい約定力をみせています。しかも、更なる環境整備を継続し、常に100%を目指しているのです。ブランド名の変更にも、よりよいサービスを追求し続ける経営スタイルが現れているのではないでしょうか。

スプレッドは、狭いスプレッドをウリにしている業者と比べると若干広く感じるかもしれませんが、十分なレベルです。これも高い約定力の影響なのでしょうか。

関連サイト: テクニカル分析.com

スキャルピングできることも、XM.comの魅力のひとつです。

システムにかかる負荷を理由に、スキャルピングを禁止している業者も多いですが、XM.comではその心配はありません。これでまた利益を得るチャンスが増えるわけです。

XM.comの運営会社であるTrading Point Holdings Ltdは、イギリス領のキプロスに本社を構えており、キプロス証券取引委員会(CySEC)の認可を受けています。また、イギリスの金融行為監督機構(FCA)にも登録されています。さらに、EUの金融監督行政機関の認可を受け、MiFIDというEUの金融商品指令に従って運営されています。これには、投資家保護対策が定められており、もちろんTrading Point Holdings Ltdもそれを採用していますので、仮にこの会社が経営破綻に陥ったとしても、投資家には2万ユーロまでの資金が保証される仕組みとなっているのです。

今もっとも人気があると言われている、MetaTrader4、通称MT4というトレーディングプラットフォームをXM.comでは使用しています。充実した機能を持ち、操作性に優れ、高い信頼性を誇るMT4は、世界でも広く使われている標準的なトレーディングプラットフォームです。EAを用いた自動売買もできますし、インディケーターを自作することも可能なので、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができます。また、MT4が入っていないパソコンからでも取引ができるように、Web上で動作するWebトレーダーも用意されています。